メンテナンス

負荷計測のご案内

負荷計測のご案内

設備の利用状況にあった機器を選ぶことで、機器は効率のよい運転を行うことができ、それは後々、ランニングコストの削減にも大きく関わってきます。 運転負荷パターン測定ボックスは、現在ご使用のボイラや温水機の運転負荷を測定し、設備が必要としている能力が賄えているか、または能力過多でないかを判断するための簡易的な測定器です。 設備の改修などで機器の選定にお悩みの場合は、ぜひ一度当社にご相談下さい。お客様の設備やご使用状況にぴったりのご提案をさせていただきます。
  • 測定器は当社のサービスマンが取り付けに伺います。
  • 測定期間中は、測定器の電源(AC100/200V)のみ、お客様の設備から供給いただきます。
  • バーナの燃焼方式により測定ボックスを取り付け出来ないタイプの機器もあります。